木の飾り

知る由もない幸運

「カレー」のことの論文や本を書く事になったら、どのようなことを書く?「うどん」の一般的な解説なんかだろうか。それとも、自分オリジナルの考え方からくる意見だろうか。

木の飾り

怒って話すあなたとアスファルトの匂い

今日の新聞に、日本人女性の眉に関して、面白い解説が載っていた。
理由を知ると、急に色っぽさも感じてくるので面白い。
目にするだけでは、奇妙なものにも見えるが、当時は成人女性の印だという。
意味を知ると、急に色香まで感じてくるので面白い。

天気の良い祝日の午後に冷酒を
元ブラックビスケッツのビビアン・スーは、美しくて才能ある人だ。
年が30代も後半なんて、全然思えない。
昔見たTV番組で、印象に残っているのが、彼女が、英語のインタビューに答えていたすがた。
まだ学んでいる所のようだったけれど凄く努力が見られた。
現在は英語だけでなく日本語も、すっかりペラペラなんだろうなーとみている。
ビビアンの魅力は計り知れないくらいなのだ。

蒸し暑い休日の昼はカクテルを

そんなに、ドラマは視聴しないほうだけれど、ここ最近、それでも、生きていくを見逃さずに見ている。
殺人犯側の親兄弟と殺された小さな子の家族が会うことになってといった話の中身で、常識的にいってありえないストーリーの流れだと思う。
被害者側の親兄弟と加害者の両親と妹のどちらも不幸なめにあっている様子が出されている。
ストーリーの雰囲気は大変暗いのだけれど、しかし、映像はきれいなようにされている。
花や緑や自然の映像が大変多くて、牧歌的できれいな映像がものすごく多い。
来週から、ストーリーがどうなっていくのか想像がつかないけれど、ちょっとでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

笑顔でお喋りする妹と失くしたストラップ
会社に属していたころ、会社を辞職する機会がなかった。
どうしても辞職したかったという訳ではなかったから。
仕事をする情熱がなかったのかもしれない。
だけど、ある時、はっきりと辞めさせてくださいと話した。
こんな日に何故か、いつもはすごくまじめだと感じていたKさんが、こっちに向かってきた。
会話の途中で、ほとんど気持ちを知らないKさんが「この仕事、大変だよね。君はしばらく続くよ」と言ってきた。
情けなくて胸が苦しくなった。
私は、会社の帰りに、上司に退職をなしにしてもらった。

汗をたらして話すあの子とファミレス

久しく行ってなかった外での仕事の日、初めて仕事でお世話になったAさんという男性は、がっしりとした人だ。
最初に会った時から気難しそうで個人的な会話は少ししか機会がなかった。
その際、なんとなくAさんの半袖になった手首を拝見してびっくりした!
大きめの天然石のアクセがかなりの数つけられていたため。
咄嗟に、パワーストーン興味があるんですね!と話しかけてしまった。ほど。
するとAさんは得意げで、いきなりやさしい顔で、種類別のストーンの由来を話してくれた。

天気の良い火曜の明け方は立ちっぱなしで
その日は、京都や奈良まで仕事に行った。
もちろんめちゃくちゃ暑い!
ゆとりのあるカットソーの上から、スーツの上着。
汗をかいてサウナ状態になりすぎて、上着のジャケットは滅茶苦茶に。
ビジネスホテルまで入って、コインランドリーに行く暇もなかったのでBODY SHOPの洗顔で綺麗にした。
次の日着るとその上着はピンクグレープフルーツの良い香りがした。
上着が汚くなるのではないかと気になったけれど、それでも洗わなきゃいけない心に決めていた。

ノリノリで歌う先生と草原

5年前から、九州の南に住んで台風の直撃をとても気にかけるようになった。
風が全く違うからだ。
九州北部に住んでいたことも関東に住んでいたこともあるが、台風の風の強さが全然違う。
サッカーのゴールが転がっていくと聞いたときは、大げさだと思ったが、現実だった。
暴風域の猛威がすごい台風が通過した後は、ヤシや高い樹は道に倒れ、海の横の道路はゴミでたくさんで車で走るのにも道を選ばないと通れない。
海辺の家では、車のガラスが破損したり、家のガラスが割れ、風が入って天井が飛んだりと本当かと思っていたようなことを見てしまった。
真上を通らずにかすっただけでも風はめちゃめちゃ強く、古い民家にいると家の揺れる音がものすごく心配してしまう。

曇っている木曜の日没にお酒を
人間のおおよそは水分という調査もあるので、水分摂取は一つの体の基礎です。
水分補給を怠ることなく、お互いに活発で楽しい季節を満喫したいものです。
輝く強い日差しの中から蝉の声が聞こえてくるこの頃、普段外出しないという方でも外に出たいと思うかもしれません。
すると、女性だと紫外線対策についてマメな方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌のお手入れは夏が過ぎた頃に表れるといいますので、どうしても気にしてしまう所かもしれません。
もう一つ、誰もが気にかけているのが水分補給につてです。
ましてや、普段から水分のとりすぎは、良いとは言えないものの夏の時期は例外かもしれません。
と言うものの、多く汗を出して、気付かないうちに体から水分が出ていくからです。
外に出るときの自分自身の体調も影響するかもしれません。
ともすれば、自分で気付かない間にわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるでしょう
暑い盛りの水分摂取は、次の瞬間の体に表れるといっても言い過ぎではないかもしれません。
少し外へ出る時も、小さなもので大丈夫なので、水筒があるととても経済的です。
人間のおおよそは水分という調査もあるので、水分摂取は一つの体の基礎です。
水分補給を怠ることなく、お互いに活発で楽しい季節を満喫したいものです。

汗をたらして口笛を吹く彼女と夕焼け

嫌われ松子の一生というテレビ番組が放送されていましたが、好きだった人もいらっしゃったと思います。
実際に、TBSは見ていなかったのですが、中谷美紀の主役で映画が公開されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、恵まれてるとは言えない境遇にて生きながらも、心まで悲観的になりません。
松子以外から見れば、不幸な人かもしれないけれど明るい未来を想像しています。
幸せをつかむことについて、貪欲なんです。
そこに、好感を感じました。
自分だって幸せになる権利はあるのに、そうなってしまうといけない事のように感じる。
なんていう、意味の分からない状態だった悩みを抱えていた私は見ている間、幸せな気分になりました。
それくらい、明るい映画なので、お勧めしたいです。
キャストの、中谷美紀さんは、先生役でも、風俗嬢でも、美容師を演じても、何をしても綺麗でした。

どしゃ降りの土曜の晩は昔を思い出す
ある暑い日のこと、少年はママからお使いをお願いされ、ハクサイとねぎと豚肉を買いに行くところだった。
少年は喜んだ。
今夜はおなべだ!わーい!…と。
しかし、予想だにしない事がその後すぐ起きた。
なんと、ズボンのポケットに入れていたはずのおつかい用のお金2千円が、ないのである!
少年はお店のレジに並ぼうとする時、まさかとは思っていたがポケットの中をまさぐって確認してみたのだ。
そして、その瞬間、お金がないことに気づいたのだ。
怒られるのを覚悟して、少年は何も持たずに家に帰ることにした。
今度からは、お金はクツの中かくつ下に入れよう。
少年はこめかみを押さえながら、固く決意した。

木の飾り

サイトコンテンツ

木の飾り
Copyright (c) 2015 知る由もない幸運 All rights reserved.
木の飾り